アメリカのファッション留学とは?概要から学校選びまで解説します

アメリカのファッション留学とは?概要から学校選びまで解説します

アメリカへファッション留学をする理由は何ですか?

学校により学べるものや専門性が違うため、入学前に目的を絞り込むことで、ぼんやり過ごさず有意義な留学生活を送ることができます。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.アメリカのファッション留学はデザイナーのみじゃない

1.アメリカのファッション留学はデザイナーのみじゃない
ファッションと聞けばまずはデザインが思い浮かびますが、アパレル関係の仕事はデザイナーだけではありません。服飾メーカー、プレス会社、ファッション系出版会社、PR会社など表舞台も裏方もあわせて様々な会社がファッション業界を支えています。

ファッションジャーナリストやマーケティング部門も、ファッションを世界へ広めるのに欠かせない存在です。自分がどの分野で活躍したいのかを、今一度考えてみましょう。

2.デザイナーの特化で学びたいならアメリカの専門学校がオススメ

2.デザイナーの特化で学びたいならアメリカの専門学校がオススメ
もしデザイナー志望ならデザイン技術に的を絞って学べる専門学校へ行きましょう。大学ではないのでTOEFLなどのスコアの提出や高校時代の成績が関係ないため、大学進学よりも随分ハードルが低く、しかも専門性の高いスキルが身につきます。

①:パーソンズ・ニュースクール・オブ・デザイン

  • 留学費用目安:200万円/半年 
  • 場所:ニューヨーク州ニューヨーク

ファッション留学と言えばパーソンズ、というほどの知名度を誇ります。基礎から学びたい人、既にスキルのある人向けなど、コースも豊富です。

②:アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン

  • 留学費用目安:200万円/半年
  • 場所:カリフォルニア州のパサディナ

カリフォルニアの閑静な住宅地にあるこの学校では、一般的なデザインからゲームや車、映画などに関するデザインまで扱う幅広いデザイン専攻があります。

どちらの学校も大学ではないため入学のための書類として英語資格は必要ありません。ただ、授業についていくための英語力は必要です。英語を学ぶための学校ではありませんから、授業は当然いきなり英語で行われます。中級(英検2級)程度の英語力は必要です。

3.ファッションプラスαも欲張って学びたい人にオススメな留学スタイル

shutterstock_541313242
ファッション留学といっても就職のためとは限りません。どうせアメリカへ行くのですから本場アメリカで学べそうなことを一気に欲張って学んじゃおう、という人向けの遊学パックもおススメです。

セットにできる内容は、メイク、ダンス、英語、ヨガ、などいろいろ。もちろん複数を同時に組み合わせることも可能です。これだけのバリエーションを一気に学ぶなら留学先は間違いなくニューヨークです。ニューヨークに特化した留学斡旋会社に相談すればうまくアレンジが可能です。

ニューヨークのファッション留学に興味のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

4.難関:長期でのファッション留学の道とは?

4.難関:長期でのファッション留学の道とは?
本格的にファッション業界で仕事をするため、ファッション業界そのものをデザインからPRまで総合的に学びたいなら、大学や大学院へ進学するのが一番です。大学院ならば大卒資格が必要な場合もあり、授業も非常にハイレベルなため、英語力も相当必要です。入学すること自体が難関ですが、そこにはファッション業界の全てを学べる機会や、貴重なインターンのチャンスが待っています。

例えばカルバン・クラインの出身校であるファッションインスティチュート・オブ・テクノロジー(FIT)や、Saks Fifth Avenue やBarneysへの就職者を多く輩出する、ファッションインスティチュート・オブ・デザイン・アンド・マーチャンダイジング(FIDM) などアメリカには多くのファッション専門大学があります。

大学進学のために必要なもの

  • 高校の時の成績
  • TOEFLスコア
  • 先生からの推薦状
  • 小論文

この四つはほぼどこの大学でも必要です。アメリカの大学は高校の成績を重視するのでできる限りいい成績を取っておくことが必要で、TOEFLスコアに関しては英検準1級レベル、80点以上は必要です。小論文の書き方も日本語とは少し違うので専門の講義を受けるか、そのための指導を受ける必要があります。

大学により求められるスコアや推薦状の数などが違いますから、各大学に必ず問い合わせる必要があります。もし現在学生なら自分の学校に手続きを少しでも手伝ってくれる部門が無いか、探してみましょう。もしそれが叶わないなら留学斡旋業者の手助けを借りて慎重に準備する方がいいかもしれません。

以上アメリカファッション留学の大まかな三種をご紹介しました。趣味的なものから本格的なものまであらゆる形態が存在するファッション留学ですが、少しずつ絞り込み理想的な形で夢を形に変えましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

語学留学カテゴリの最新記事