失敗しない!カナダ留学の持ち物リスト完全版【必需品~便利アイテム】

失敗しない!カナダ留学の持ち物リスト完全版【必需品~便利アイテム】

カナダ留学を経験した人からのアドバイスとして、「カナダで購入できるアイテムは多いから、荷物はできるだけ少なくした方がいい」と聞いたことのある人は多いかもしれません。

しかし、カナダ到着早々に思わぬトラブルに遭ったり、想像していなかった不便さを感じると、これから始まるカナダでの留学生活に不安やストレスを感じながらスタートすることになります。不安だらけのカナダ留学はできるだけ避けたいですよね。日本から持ってきた様々なアイテムや日本で使い慣れたアイテムの数々は、慣れないカナダ生活をスムーズにさせるためにとても役に立ちます。

もちろん持って行けるアイテムには限りがあるので、カナダ留学中に明らかに不要なものは持って行く必要はありませんが、慣れないカナダ生活の中で少しでもストレスを軽減するためにも、アイテムは荷物の重量制限のギリギリまでトランクに詰め込んで持って行きましょう。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

カナダ留学の持ち物リスト【必需品から便利アイテムまで】


カナダ留学に持って行くおすすめアイテムを、必需品から便利アイテムまで約50アイテムをリストにまとめてみました。リストアップしているアイテム以外でも、日本で愛用しているアイテムがあればできるだけ持って行くほうがおすすめです。
カナダ留学持ち物リスト50のダウンロードリンクはこちら

パスポートやビザ書類、航空券などは出入国時に必須となるので、移動時の貴重品バッグから出し入れしやすくまとめてバッグに入れておくのがおすすめです。

また、携帯する現金はできるだけ小額紙幣で必要最低限の金額に留め、カナダ到着後は早めに現地銀行で口座開設するようにしましょう。
カナダ長期滞在なら現地の銀行口座開設がおすすめ【お金管理のコツ】 | EnglishPedia

1ヶ月未満の短期留学の場合は、日本から持って行くびクレジットカードのブランドはJCB以外を選び、できれば2枚持っておくと安心です。また、キャッシュパスポートと呼ばれる海外用プリペイドカードを携帯するのもおすすめです。
参考:キャッシュパスポート 

①持ってきてよかったアイテム

常備薬
環境が変わると、予想以上に体調を崩すこともあります。カナダ現地で病院にかかるほど重症化する前に、早めに体調を立て直すこともカナダ留学を充実したものにするためには必要です。頭痛薬や胃腸薬のほか、医療機関からの処方薬がある時は英文の処方箋も合わせて持って行くようにしましょう。

スマートフォンやタブレットの通信機器
日本で使用していたSIMフリーのスマホやタブレットがあると、街中にあるフリーWi-Fiを利用してインターネットに気軽に接続することができます。日本の家族や友達とのメールなどの連絡や、カナダ留学の体験談をSNSにアップすることもできます。また、スマホやタブレットの翻訳機能を使えば、日常会話や街中を歩いている時にちょっとした時に確認したい簡単な翻訳や英単語を検索できます。英語に自信がない時でも、現地の人たちとコミュニケーションを図る時に非常に便利です。
【WiFi】カナダ留学生活に欠かせない!充実したサービスの選び方 | EnglishPedia

②持ってくればよかったアイテム

ボールペンやノートなどの文房具
日本にいると当たり前ですが、日本製の文房具は低価格でも非常に品質が良く、種類も多く揃っています。しかし、カナダで日本と同等のクオリティーの文房具はほぼありません。また、カナダのノートの紙質も決して良いとは言えません。しかし、値段は意外と高く、日本製のペンなどは日本に比べて2~3倍の値段になっていることもあります。そのため、ボールペンの太さなどにこだわりがある時は、日本からお気に入りのペンを数本まとめて持って行くと現地で困ることはありません。

ポケットティッシュ
日本では当たり前のエチエットアイテムのポケットティッシュですが、海外にはない便利アイテムです。日本のティッシュほど柔らかく肌に優しく、手軽で使い勝手の良いティッシュは海外にはありません。アレルギー性鼻炎や敏感肌の人、ティッシュにこだわりがある人は、できるだけ日本からティッシュを持って行くことをおすすめします。スーツケースに荷物を詰めた時の隙間を利用して緩衝剤としてできるだけたくさん持って行くこともできます。

よくある質問:カナダ留学中のパソコンはどうしますか?


カナダ留学に欠かせないスマホやタブレットの他に、インターネットに接続できる機器としてパソコンも忘れてはいけません。留学中には情報を検索したり、英作文を書いたりすることもあります。自分のパソコンあれば、わざわざ図書館などに出向く必要がなく、自分のペースで勉強を進めることもできます。

方法①:日本からパソコンを持って行く

日本で使い慣れたパソコンがあれば、ぜひ持ち込み荷物として飛行機内に持ち込んでカナダに持って行きましょう。手軽なノートパソコンがおすすめです。プラグの形状も日本と同じで、電圧はカナダと日本では若干の違いはありますが、日本のパソコンはカナダでも問題なく使うことができます。Wi-Fiにも日本と同じように設定すれば、日本と同様にネットに接続でき、Skypeなどのネット電話などもできます。LANケーブルや電話線は世界共通なので、日本から持っていてもカナダの現地で購入しても問題ありません。

方法②:カナダでパソコンを購入する

カナダでも日本語対応OSの日本製のパソコンは購入できますが、英語版のみのパソコンと比較すると割高な価格となります。英語OSであっても日本語表記できる機種やエディションがありますが、問題なく正しく表記されるのかを購入前に必ず確認しておきましょう。英語OSで問題なければ、ネットショップでも手軽な価格で購入することができます。

補足:パソコンの修理が必要な場合は?

カナダで購入したパソコンが故障した場合は、メーカーの修理サポート窓口に連絡すれば修理を受け付けてくれます。気になるのは、日本から持って行ったパソコンの場合です。メーカーや機種、エディションによってはカナダ国内のカスタマーサポートに連絡すると、修理を受け付けてくれることがあります。

メーカーの公式サイトには修理やサポート対応可能な機種やエディション、カナダの連絡先などを掲載しています。できるだけ渡航前に確認して、パソコンの機種やエディション、サポートセンターの受付先を控えておくと良いでしょう。

運が良ければ、滞在都市に日本語対応してくれる修理ショップがある場合があるので、日本人つながりや地元の日本語情報誌をチェックしてみましょう。もっとも確実な修理方法として日本のメーカーにカナダから国際便で送り、修理してもらうことも可能ですが、修理をしたパソコンをカナダで受け取る場合は関税がかかってしまうケースもあるので、修理に出す前によく確認することが必要です。

時には、現地で買い替える方が修理するよりも安く抑えることができます。修理をするか、買い替えるか、価格面も含めて良く比較して検討してみましょう。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

大学・大学院留学カテゴリの最新記事