6ヶ月のニュージーランド留学【準備・期待できる事・ビザ情報】

6ヶ月のニュージーランド留学【準備・期待できる事・ビザ情報】

「サラダボールのような国」とも言われるニュージーランド。世界各国からの移民や留学生でにぎわう多国籍国家でもあります。日本からも多くの留学生が学んでいますが、留学期間は目的によってさまざまです。

ここでは一年の半分、6ヶ月留学に焦点をおいて魅力や必要なビザの種類などを中心にご紹介しています。

1.ニュージーランド6ヶ月留学をスタートさせる前の準備とは

6ヶ月留学は長期留学のはじまり

一年の半分である6ヵ月という期間は、一般的に長期留学に入ります。海外から進出してきた国際企業や海外との取引が増えてきた日本企業が増えている中、英語力を重視する企業数は右肩上がり。何はともあれ「英語力は必須」という企業も多く出てきました。6ヶ月留学という長期留学ではしっかりとした英語力が身につくことが期待されるため、帰国後の就職活動にも意欲的に望めることができます。

目的を明らかにして効果的にコースを選択しよう

まず、あなたがニュージーランドへ6ヶ月間留学する目的を明確にしてみましょう。「英語の資格を取得したい」「英会話力をしっかりつけたい」「観光地も合わせて訪れたい」などさまざまだと思いますが、目的によって選択するコースが異なることをしっかり認識しておきましょう。一般英語クラスで英語全体の実力をアップさせたい人もいれば、TOEICコースやTOEFLコースに入って専門的な試験対策を行い人もいるでしょう。または最初の3ヶ月は一般クラス、残りの3ヶ月でケンブリッジ検定クラスに入りた人もいると思います。コースの選択はあなた次第ですが、迷いがある場合は留学エージェントに相談してみましょう!

授業料や学費の目安は80万円~100万円程度

6ヶ月留学で考えなければならないのが必要な費用です。学校やコースの種類、期間、滞在場所によっても異なりますが、おおむね目安となる費用は6ヶ月で80万円~100万円程度です。その他にかかる費用としては渡航前にかかる航空券代、海外保険料、長期ビザや学生ビザの取得費用などがあります。航空券代はLCCで10万円程度、海外保険料は保険会社や保険の種類によって異なりますが32,000円程度から50,000円です。現地でいくつかの観光地で行く場合は、交通費や現地で必要な雑費も計算しておくべきですね。

2.ニュージーランド留学6ヶ月で期待できること

それでは、6ヶ月のニュージーランド留学でどんなことが得られるのでしょうか?期待できる効果を留学体験者の話を中心にまとめました。

1年が厳しい人でも十分満足できる

本当は1年の留学を希望していても「仕事が忙しくて休みがとれない」「費用の準備が厳しい」などが理由でなかなか留学に踏み切れない場合があります。丸々1年の期間を留学期間に費やすのは大きな決断でもありますよね。

しかしながら、6ヶ月なら何とか行けそうという人は意外に多く、実際6ヶ月の留学で得られる満足感は予想以上だと感じる人は多いです。もちろん6ヶ月をいかに充実したものにするのかは自分次第ですが、やる気と集中力を持ち合わせれば1年の留学に近い達成感を味わうことができます。

季節の移り変わりが体験できる

ニュージーランドは日本と同様に四季があります。ニュージーランドへ6ヶ月留学すれば、2つの季節をまたぐことになるため、美しい季節の移り変わりを楽しむことができます。春から夏、夏から秋、秋から冬、そして冬から春…。自然豊かなニュージーランドでは季節の花や草木、山の風景など、季節の移り変わりが目に見えてわかるのが特徴です。

中でも冬場の寒い季節から少しずつ暖かさが増してくる春までの数か月は、カラフルな花々が咲き乱れ、緑が一気に広がる期間でもあります。6ヶ月の間で自分の好きな季節を選んで留学をするのも一つの楽しみではないでしょうか?

留学仲間との絆が一定してくる

ニュージーランド留学では「世界から集まる留学生と友達になってみたい」と思う人が多いと思います。日本を飛び出して異国の地で同じ目的を持った留学生と出会えることは、とてもワクワクすることですよね。

学校で同じクラスになった留学生とも、6ヶ月の期間を一緒の空間で過ごせば「絆」のようなものが生まれてくるはず。お互い語学を学ぶ同士であり、大きな夢を持った仲間との絆は留学で得られるメリットの一つです。留学仲間とのつながりが一定することは、留学生活においても本当に心強いものですよ。

語学学校の学費割引の率が高くなる

ニュージーランドのほとんどの語学学校では受講期間が長くなるにつれて長期割引という学費の割引をしています。3ヵ月程度から少しずつ割引をしてくれるところもありますが、6ヶ月になるとさらに大きな割引が期待できます。

週10ドル~20ドルの割引でも6ヶ月で計算すると大きな金額になるのでとてもオトク!6ヶ月の受講では授業のペースもしっかりものにできるのも魅力ですね。

いくつかのスラングも使いこなせるようになる

6ヶ月の留学生活で期待できることの一つに「よりローカルの会話に近づける」ということが挙げられます。語学学校の休み時間やローカルを交えたアクティビティでの会話でニュージーランドのスラングも度々登場してくるでしょう。

「You are naked!」ユー・アー・ナケット (疲れてない?)はよく使われるニュージーランドのスラング。Nakedは裸と同じスペルですが、発音が異なるのが面白いですね。「Ta!」タ=どうも、「Kia ora」キア・オラ=こんにちは、など自然とこれらのスラングを使い始めるようになるのも、早くて渡航後6ヶ月程度です。

3.ニュージーランド留学6ヶ月で必要なビザについて【申請方法と必要書類】

最後にニュージーランド留学を6ヶ月間する場合に必要なビザの種類をご紹介しましょう。

学生ビザ

3ヶ月以上、語学学校などの学校に通いたい人に必要なビザです。週20時間以上のコース(フルタイム)を受講することが条件になりますので確認をしておきましょう。学生ビザの特徴は有効期限いないなら日本に帰国したり、他の国へ遊びに行くこともできること。ニュージーランド国内に6ヶ月間ずっと滞在しなければならないというビザではありませんので、利用価値の高い使えるビザと言えますね。オンライン申請もできますので、下記のウェブにアクセスしてから、スクリーンの右上にあるLog inをクリックし、Student Visaを選択してみてください。
New Zealand Immigration

長期ビザ

3ヵ月以上、9ヵ月未満で滞在できるビザです。就労は認められていませんが、3ヶ月以内なら学校に通うことができるのが特徴です。おもに観光を希望する方、学校も行きたいけど観光も見逃せないという方、文化交流やスポーツが目的で訪問する方、現地にいる家族や友達に会いに行く方などが対象となります。詳しくは下記のウェブページにてご確認ください。
New Zealand Immigration

ニュージーランドをはじめ、海外への6ヶ月留学は長期留学の始まりです。1年は厳しくても6ヶ月なら行けそうという人でも、充実した留学生活を心がければ大きな満足感と達成感を得ることもできますよ。

6ヶ月間、ニュージーランドでどのように過ごすかによって選択するビザの種類が異なりますので、わからない点があれば留学エージェントに相談をしてみましょう。弊社でも無料であらゆる留学相談を行っていますので、お気軽にお声がけ下さいね。
手数料0円!留学情報館

ワーホリ・仕事カテゴリの最新記事