iida

アドミッション

飯田慎太郎

Iida Shintaro

iida

アドミッション

飯田慎太郎

Iida Shintaro

自分の気持ちに正直に「楽しむ」ことにフォーカスしてください。

渡航経験 : ドイツ、カナダ、アメリカ、モルディブ
留学先 : カナダ/バンクーバー、モントリオール
趣味 : スポーツ観戦

どんな海外経験がありますか?

カナダのバンクーバーやモントリオールにおよそ1年間ワーキングホリデーで滞在しました。
海外へ行くきっかけをくれたのは高校時代の友人。「海外に住んでみたいなぁ」と子供の頃から漠然と思っていたものの、海外旅行でさえ1度も行ったこともないまま迎えた学生時代。
高校時代の友人がドイツへ留学、次の年にまた別の友人がカナダにワーホリへ。身近な友人が海外へ渡航したことで自分自身の気持ちが一気に強くなりました。当時は就職活動真っ只中。優秀な学生ではありませんでしたし、将来のビジョンも描けなかった中での就職活動は芳しくありません。 だからこそ「今でしょ!(当時の流行語)」とワーホリにてカナダ・バンクーバーへの渡航を決断しました。完全に現実から「逃げた」訳であり、あまりよいきっかけではなかったと思います。

ただ、完全に結果論でありますが、あの決断があって今の自分があると思うと「逃げたら勝った」とも思っています。日本で過ごす時間と海外で過ごす時間は全然違います。「海外に行きたいなぁ」と言う気持ちを大切にしてほしいなと思います。

あなたにとって留学とは?

自分の海外生活を振り返ると「出会い」に溢れていました。
出会いと言っても人だけではありません、五感で感じたこと、経験した全ての出来事との「出会い」が人生を彩るスパイスとなりました。まだ人生を語るには早いと思っていますが。
また、多くの人と出会い、様々な考え方に触れたことで、今まで自分の中にはなかった考え方ができるようになり、月並みですが「新たな自分」にも出会えました。

海外生活での「出会い」が今の自分に大きな影響を与えていることは間違いありません。何より今でも毎日のように思い出すくらいですから、私自身が海外生活から受けた影響は半端ないです。

留学される方へのメッセージ

楽しいことばかりではありません。苦労することはきっと起きます。そんな時に、苦労することや大変なことでさえもポジティブに捉えてほしいなと思います。
一見、良くないと思えることでもポジティブに思えたなら少し心に余裕ができると思います。
簡単ではありませんが。。。

何事も「物は言いよう」であり、自分の捉え方次第で良くも悪くもなります。だからこそ、自分自身が納得できる選択をすることにフォーカスしてください。無理をする必要はありません。何かに縛られる必要もありません。

また、日本には家族、友人、同僚など応援してくれている人、待ってくれている人がいます。その方々への感謝の気持ちをくれぐれも忘れないでくださいね。

「海外に行きたい!」と思っているみなさんのお役に立てたら幸せです。

¥0でもついてくる充実のサポート!
留学に関することはプロにお任せください

<留学のプロが対応します>

なんにも決まってなくてもOK!
「〇〇に留学したいんですけど…」
「まだ国は決まってないですが…」
と言っていただけるとスムーズです♪

電話

Banner Counseling

<留学のプロが対応します>

なんにも決まってなくてもOK!
「〇〇に留学したいんですけど…」
「まだ国は決まってないですが…」
と言っていただけるとスムーズです♪

電話