yoshimura

カウンセラー

吉村有紀子

Yoshimura Yukiko

yoshimura

カウンセラー

吉村有紀子

Yoshimura Yukiko

留学に行ったあと、自分の人生が大好きになりました。そう思わせてくれた留学。そんな留学を一緒に作りましょう。

渡航経験 : アメリカ(LA、カリフォルニア、NY、ハワイ4回)フィリピン2回、台湾2回、インドネシア2回、オーストラリア2回、ニュージーランド
留学先 : オーストラリア/ゴールドコースト、フィリピン/バコロド
趣味 : サーフィン、ジム、ハワイ
おススメな場所 : バーレイヘッズ
授業後、週末何回行ったかわからないくらい行きました。夕暮れ時のぼんやりした光の中のビーチと町は最高の癒しです
好きな英語の言葉 : Deserve、Where there is a will, there is a way

どんな海外経験がありますか?

初めての海外は9才のとき。家族旅行で行ったアメリカLA、カリフォルニアです。ABCもわからないときで、見るものすべてが新しく、なんでもかっこよく見えました。看板、入国審査官でさえ感動。そこで「海外ってかっこいい」と憧れになりました。
その経験以降、海外のものや英語に興味をもち、中でも発展途上国のことに興味をもちました。でも自分には留学なんて縁がないと決めつけていました。でも大学で「このままでは…!」と一念発起。フィリピンの孤児院ボランティアに2週間参加。そこでさらに現地の人の生活に興味を持ち、2か月のフィリピン語学留学でバコロドという田舎町で生活しました。当時は大雨が降ると停電するようなところ…でもそれすら楽しんでました。
そして社会人になって、サーフィンに出会います…毎年1~2回はサーフトリップで海外に行くようになりました。基本的に現地のサーファーに案内してもらっていたため、ツアーでは知れない現地の生活、食事、文化に触れることができました。この世界をもっとみんなに知ってもらいたい!!と思うようになり、さらに海外経験を積むため、5年半勤めた銀行を辞め、オーストラリアゴールドコーストに長期の語学留学へ行きました。

yoshimura
思っていたより、日本人がほとんどいない環境で英語漬けの毎日。地元のお客さんが集まるレストランで仕事をしたり、けがをして思いがけず海外の病院・リハビリに通うという貴重な経験もできました。
日の出とともにローカルサーファーたちとサーフィン、さっとシャワーを浴びて学校、昼から仕事。ない日は友達とビーチへ。夜は学校の友達の家で集まってゆっくり。語学以上に、自分の意見を組み立てて伝える力を授業・仕事・日々の遊びの中で学べたと思います。
それもこれも、9才のときの家族旅行がスタートだったと感じます。あのとき連れて行ってくれた両親に感謝ですね。

yoshimura
yoshimura
あなたにとって留学とは?

留学は、無限の刺激と学びの機会だと思います。ネットにもないことを感じ取って学び成長していく時間でした。留学で得た語学はもちろん、人間性・競争力・世界中の友達は一生の宝物です。 留学中は、大変な瞬間もありましたが、ハッピーを感じない日はないと言い切れるくらい毎日充実していて、学びの連続でした。 今までの経験と出会いが留学につながり、その留学が今の自分を作ってくれました。留学後、自分の周りの環境・家族・友達に一層感謝するようになりました。

yoshimura
留学される方へのメッセージ

留学に行く前はいろいろ考えると思います。現地でのこと、英語のこと、将来のこと、、、でもその悩む時間も含めて、大切な糧になっていくはずです!だれかと話しながら悩むことで、考えがまとまってくることもあると思います。 ぜひ一度お越しください。そしてまとまっていなくてもお話を聞かせてください^^気軽に先輩に聞くような感覚で大丈夫です。ネットでは得られないリアルな情報、留学の先輩たちがお待ちしています!!
きっかけはなんでもいいと思います。「英語が話せたらかっこいい、海外の生活にあこがれ、今の生活に違和感、仕事に生かしたい、、」少しでも興味があるなら、そのカケラを大事にしてほしいです。

yoshimura
¥0でもついてくる充実のサポート!
留学に関することはプロにお任せください

<留学のプロが対応します>

なんにも決まってなくてもOK!
「〇〇に留学したいんですけど…」
「まだ国は決まってないですが…」
と言っていただけるとスムーズです♪

電話

Banner Counseling

<留学のプロが対応します>

なんにも決まってなくてもOK!
「〇〇に留学したいんですけど…」
「まだ国は決まってないですが…」
と言っていただけるとスムーズです♪

電話