【2022年最新版】シドニーのおすすめ観光プランを詳しく解説!

【2022年最新版】シドニーのおすすめ観光プランを詳しく解説!

オーストラリア大陸の南東岸に面し、最大の都市である“シドニー”。歴史とモダンさが入り混じった街並みが魅力で、歩いているだけでも十分に楽しめる、まさに観光スポットの宝庫になっている都市でもあります。そのため、日本人からも人気の観光地となっています。

しかし観光スポットが多い都市だからこそ、どこを観光すればいいのか迷ってしまう人も多いかも知れません。

そこで今回は、シドニー観光をする際にここだけは絶対に訪れておくべき観光地5選と、観光をする前に知っておきたいことをご紹介いたします!

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

シドニー観光で絶対に訪れるべき観光地5選

シドニーは観光スポットの宝庫となっていて、観光地はたくさんあります。そこで、5つを選ぶのは難しいですが、特に有名で絶対に訪れるべき厳選した観光地をご紹介していきます。

①オペラハウス

シドニーのシンボルでもある「オペラハウス」は、シドニーに観光したらぜひ行きたい場所です。貝殻のような外観デザインをしていて、どの角度から見ても美しい建物になっています。また、2007年にはユネスコの世界遺産に登録されていて、近代的な建築物だとして高い評価をされています。建物の中には、大きい劇場から小さい劇場まで合わせて5つあり、オペラやコンサートなどが年間で1600以上も上演されています。

オペラハウスの建物内では、公式の日本語ガイドツアーもあるので安心して楽しめるのも嬉しいです。夜になると、ライトアップされ幻想的な姿も見られます。ロマンチックな気分になれますよ。

②ブルー・マウンテンズ国立公園

「ブルーマウンテンズ国立公園」は、“オーストラリアのグランドキャニオン”とも呼ばれていて、世界遺産にも登録されている人気の観光スポットになっています。シドニーから約2時間ほどで行ける場所なので、アクセスもよく日帰りツアーにも多く組まれています。

岩石と深い緑の組み合わせが美しいスリーシスターズや、世界で最も古い鍾乳洞ジェノランケープを見ることが出来ます。

③ハーバーブリッジ

「ハーバーブリッジ」は、オペラハウスと同じくらい、シドニーの代表的な建築物だと言われています。青い空と青い海を背景に橋が架かっているので、絶対に写真に収めておきたい場所。橋に登れば、シドニーの市街を一望することが出来ます。

歩行者専用路は1149mと短い距離だし、無料で渡ることが出来ます。橋の南側にはパイロン展望台(有料)があり、橋の歴史を学べたり、お土産が揃っているのでおすすめ。

橋のアーチ部分を登ることができる、ブリッジクライムのツアーもあるので、チャレンジしてみてはいかがですか?

④ボンダンビーチ

「ボンダンビーチ」は、コバルトブルーの海がどこまでも続く絶景。砂粒も白くきめ細やかで、とても綺麗なビーチです。

シドニーの気候は1年中、温暖なので、夏や冬関係なく海水浴を楽しむこと出来るのは嬉しいポイントです。町の中心部からのアクセスがしやすい場所にあるため、気軽にリゾート気分が味わえます。昼間に海水浴もいいですが、夕方の水平線に沈む夕日を眺めるのも別格なのでおすすめですよ。

⑤ザ・ロックス

「ロックエリア」は。オーストラリアの昔懐かしい街並みが見られるとして人気の場所です。レンガ造りの建物が並んでいて、情緒あります。

週末になると”ロックスマーケット“が開かれていて、たくさんの露店や屋台が出て賑わいます。手作りアクセサリーなどの可愛らしい雑貨などが数多く並んでいるので、お土産にもぴったりです。時間が合うようなら、ぜひチェックしてみてください。

シドニー観光中の移動方法

シドニーは大都市ですが、割とこじんまりとしていて、人も少ないです。そのため、ゆったりとしたデザインの電車やバスに乗って市内を観光しやすい街となっています。

シドニーの市内を電車で移動する方法

シドニーライトレール

「シドニーライトレール」とは、路面電車のこと。運行時間が長いのが特徴で、セントラル駅からザ・スター駅までは24時間運行していて、それ以外の駅は朝の6時から真夜中まで運行しているので、観光するのに活躍してくれます。

乗車券は、「オパールカード」か「オパール片道乗車券(Opal single trip tickets)」を駅で購入するか、車掌さんから購入します。

シティ・レール

「シティ・レール」とは、シドニー市内の中心から郊外までの東西南北を走っている鉄道のこと。色別で路線が変わっているので、観光客にもわかりやすくなっていて、路線図さえ持っていれば乗り換えも迷わずに出来ますよ。

シティ・レールの車両は、ダブルデッカーと呼ばれる2階建てになっています。運行時間も長く、朝の4時前から夜中の1時過ぎまで運行しているので、ナイトクラブに行く時にも利用できます。

料金は距離制になっていて、A$4.20から。乗車券は「オパールカード」か「オパール片道乗車券(Opal single trip tickets)」を駅で購入します。

シドニーの市内をバスで移動する方法

シドニー・バス

「シドニー・バス」は、簡単に言えば普通の路線バスのこと。市内から郊外まで300路線を越えるので、目的地の近くまで行くことが出来て、とても便利です。乗車料金はゾーン制でA$2.15~と安いのが魅力的で、慣れれば心強い交通手段となってくれます。ただ注意が必要で、車内アナウンサーがないので、停留所をよく確認しておきましょう。

またルートによっては、夕方の早い時間で終わってしまったり、週末になると本数が少なくなったりするので、時間表を確認しましょう。

シドニー&ボンダイ・エクスプローラー

「シドニー&ボンダイ・エクスプローラー」は、2つのルートがある観光用のバスのこと。シドニー市内の主要の観光ポイントは23ヶ所と、シドニーの東側のボンダイ地区の10カ所を巡回しています。

乗車券は共通のものを利用でき、合計で33カ所を自由に乗り降りでき、乗り放題になっています。オンラインか車掌さんから直接、購入することが出来ます。ダブルデッカーの2階部分は、屋根がないオープントップなので気持ちいいこと間違いないです。

街歩きの楽しみ方

シドニーは、観光都市だけあって治安の良さは世界的に見てもいいです。そのため、安心して観光を楽しむことが出来ます。

しかし、時間帯やエリアによっては危険なこともあるので、注意も必要になります。特に観光地ではスリや置き引きなどが多発しているので注意しましょう。

シドニーを動画でご紹介

アクティビティの選び方

シドニーには、マーケットやビーチでのアクティビティもたくさんあり、楽しめます。その中でも特におすすめしたいのは、「サーフィン」です。

オーストラリアは世界有数のサーフスポットとしても知られていて、最高の波を求めて、世界中からサーファーが訪れています。その中でも、特に有名なのがボンダイビーチで、地元民からも愛されているサーフィンの聖地となっています。

ビーチは静かで落ち着いているので、サーフィンの初心者にも向いているため、レッスンもよく行われています。サーフィンをやったことがない人でも、気軽に挑戦できるのでおすすめですよ。

食事の選び方

シドニーはオーストラリアで最大の人口を誇っていて、世界の食文化が集結していて“食の都”になっています。レストランには、ビーフやシーフードなどのオーストラリアならではの料理から、中華やイタリアン、日本食まで多彩な料理が揃っています。

そこでおすすめなのが、いろいろな種類の料理を低価格で味わうことが出来るフードコートがおすすめ。メニューの価格もリーズナブルなので、シドニー観光した際には一度、現地の食文化を楽しんでみてはどうですか?

お土産の買い方

お土産選びですごく迷ってしまいますよね。人気のアイテムから選ぶと失敗は少なくなります。相手のことを考えてチョイスしてみましょう。

カンガルーやコアラのグッズは定番!

カンガルーやコアラのグッズは、一目見ただけでオーストラリアのお土産だと分かって定番となっています。種類はマスコットやストラップ、マグネット、文房具とたくさんあります。他にもコアラの形をしたチョコレートクッキーや、マカデミアナッツも人気です。

皆に少しずつなら「TIМTAM(ティムタム)」!

TIМTAМはチョコレート菓子で有名です。迷ったらこれを買って、バラマキ土産にしちゃいましょう。味もオリジナルチョコ、ホワイト、キャラメルなどたくさんあるので、選ぶのも楽しめます。

お土産はどこで買う?

お土産をまとめて買うなら、スーパーやマーケットなどの品ぞろえが豊富な場所で選びましょう。お土産店より安く購入できるのも嬉しいポイントです。

週末になると開催される野外マーケットもおすすめ。手作りの一点物も多く、他では手に入らないお土産に出会えるかも知れませんよ。

シーズンならではの楽しみ方

シドニーは1年を通して過ごしやすい気候です。なんと1年間で340日以上も晴れるとも言われています。そのため、雨の心配をしなくて観光を楽しむことが出来るのは嬉しいです。

日本と同じように四季はありますが、日本の季節とは逆になります。シドニーの冬は6月~8月ですが、冬でも最高気温は15℃を超える日が多く、最低気温が5℃を下回ることはほとんどないので、1年を通して過ごしやすい気温になっています。

シドニーは1年間を通して過ごしやすい気候なので、いつ観光しても楽しめますが、特におすすめなのは、春の9~11月になります。
▶【初心者向け】オーストラリア留学で大人気のシドニーを徹底分析

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

旅行・観光カテゴリの最新記事