誰もが簡単に太れる国オーストラリア!?ワーホリで太らないコツとは

誰もが簡単に太れる国オーストラリア!?ワーホリで太らないコツとは

オーストラリアでワーホリを開始させると太ることは絶対に避けられないと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか!?人によってはまさしくその通りなのです!

今回はその真相に迫り、どのような生活をすると残念な結末になってしまうのか、どのような生活をすれば避けられるのかなどをご説明いたします!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリアワーホリ中は太ることが避けられない!?

1.オーストラリアワーホリ中は太ることが避けられない!?

オーストラリアでの生活というのは日本とは真逆の生活になるので、誰でも簡単に脂肪をゲットすることができます!よく1年のオーストラリア生活を得て、帰国後一目見て誰か分からなかった…なんて話を聞かないですか!?女性の方なら特にワーホリ中に太るということは避けたいところですよね!?けどこの国では油断や余裕を持つとすぐに太ります!!!

私の友達たちもちょっと見ないうちに、「あれ、なんかちょっと丸くなった?」という人が多々います!

そしてこちらの食事と言えば、日本とは違い、簡単で大胆な料理が非常に多いです。ピザ、パスタ、肉料理、ラザニアなどなど…カロリーが高い!とにかく高い!(笑)私もよくパートナーのファミリー食事会に参加するのですが、まさしく映画のような食事光景と言って、いいでしょう。イメージしただけでも太ってしまいそうですよね!

2.【密着】オーストラリアワーホリで太ってしまう人の1日

2.【密着】オーストラリアワーホリで太ってしまう人の1日

どのような生活をしている人が一体太るという結末を辿ってしまうのか…1日の生活パターンで表してご説明していきましょう。

その①:学校へ通っている人の場合

7:00 起床後、トースト2枚をオーストラリアでポピュラーなNutellaと共に
9:00 授業開始
10:30 休憩時間にセブンイレブンでコーヒーとカップケーキを軽食につまむ
12:30 昼食にバーガーを食べにマクドナルドへ
16:00 授業終了後、帰宅しお昼寝
18:00 夕食にパスタを食べる
21:00 デザートにアイスクリームをつまむ
22:00 就寝

その②:働いている人の場合

7:00 起床後、簡単にシリアルで朝食を済ます
9:00 勤務先の寿司屋へ出勤
13:00 まかないとしてオージー向けの寿司(カツ、天ぷらetc)を食べる
17:00 勤務終了後、お腹が空いたためチップスをつまむ
19:00 夕食にスーパーで売られている冷凍ピザを食べる
22:00 デザートにティラミスをつまむ
23:00 就寝

どうですか!?上記の2つは例ですが、摂取する食事の一つひとつのカロリーがどれも比較的に高いです。オーストラリアで生活を始めるとどうしてもこのような食事になってしまうのが現実です。これが日本食で置き換えるとカロリーも大きくかわってきますよね!?それがなかなか難しいのも現実です。

次の項目でどのようにすれば太ることが避けられるのかをご説明していきます!

3.ワーホリダイエット?どうすれば太らずに滞在できる?

3.ワーホリダイエット?どうすれば太らずに滞在できる?

どうしても太りたくない!皆さんワーホリ前から、そう願っていることかと思います。ですが簡単に避けられるのですよ☆その方法を皆さんに早速ご紹介いたします!

その①:自炊をする

自炊をするだけで大きく食生活を変えることが可能です!実際、時間がなくて自炊できない、日本食品や野菜などが売られていなくて作るのも難しいと思う人も多いかと思います。

そこで時間がない人は週末や休みの日の時間を使って、作り置きをしてみましょう!1週間分でも作り置きをしておくと非常に便利で、忙しい中でもヘルシーな食生活をすることが可能です。また、昼食のお弁当用などと節約にもなります。私も自炊することで月の食費を100AUDで抑えることができていましたよ!

また、スーパーで日本食品がなく、困っている人はアジア人向けのショップなどを見つけてみましょう!オーストラリアは移民が多い国なので、割りと簡単にそのようなショップを見つけることができます。多少割高ですがそこに日本食も売られているので、調味料など調達しておくと料理するときに非常に便利ですよ☆

その②:間食をフルーツに変えてみる

どうしてもお腹が空いて我慢できない!なんて人、たくさんおられますよね!?そんな人たちは間食をフルーツに置き換えてみましょう!

なぜそれを勧めるのか?それはオーストラリアで売られているお菓子はどれもハイカロリーすぎるからです!まさしく人間が好む味とも言えるのでしょうか…

そんなオーストラリアでは季節のフルーツがとても安くで売られています。フルーツたちも、もちろん甘みを持っていますが自然から出来ている甘みなので、人間が作り出した甘みと比較しても身体にも非常にいいです。

ぜひ、この際にオーストラリアならではのフルーツを楽しんでみてくださいね!

その③:言い訳は禁物

言い訳が1番太る元です!例えばオーストラリアにいるからこそ、この食生活を楽しまないとね!だとか、時間がないから外食でいいか、今日だけ、動くのも面倒くさいなんて言っていると、あっという間に太ってしまいます。

オーストラリアの多くのアパートメントにはジムが併設されていることが多いです。それを利用したり、自分のためだと思って日々思考や行動を変えていくことで、皆さん自身もきっと変わっていくこと間違いないでしょう!

私も実際、こちらに来て、太るどころか痩せました!特別にジムへ行っているとかではなく、その上アイスクリームが大好物なのですが、日々の食事や行動を変えていくことで自然と体重も落ちていきました。なので皆さんにも可能だということです!

4.オーストラリアでの流行りのエクササイズとは!?

4.オーストラリアでの流行りのエクササイズとは!?

ではそんなオーストラリアでは今どのようなエクササイズが流行っているのでしょうか!?

その①:Bounce

オーストラリアで今話題のバウンスとは地面いっぱいに敷かれたトランポリンの上を飛び回り、エクササイズするという大人でも子供でも楽しめる新しいエクササイズなんです!オーストラリアらしい陽気なエクササイズですよね!

なんとこのエクササイズ、NASAの報告によると10分間のエクササイズで33分間のランニングよりも心血管エクササイズとして効果が優れているというのです!日本のバラエティ番組でもよく取り上げられていますよね!

体力作りやバランス感覚を養うスポーツとしてとても人気なので、オーストラリアに来たら、ぜひチャレンジしてみたいエクササイズですね☆

その②:クランニング

このクランニングとは、ハイハイを意味する「クローリング」と「ランニング」を合わせて出来上がった名称です。なんと四つんばで街中を走り回るというなんとも奇妙なエクササイズなのです!奇妙というよりクレイジーなエクササイズと言えるのでしょうか…

チャレンジしたいかというと返答に困るところですが、なんだか人のいないところでだったらやってみたい気もします(笑)

皆さん、いかがでしたでしょうか!?

海外という慣れない地で、なかなか自分自身で健康管理をしたり、自炊をしたりするのは難しいことだとは思いますが、厳しい環境の中でも実践することによって、より一層自分の身に付きますよ!

オーストラリアという、逆境とも言える国でぜひ自分自身の健康管理を行ってみてくださいね〜!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

ワーホリ・仕事カテゴリの最新記事