あなたにとってのベストな留学先を解説!

あなたにとってのベストな留学先を解説!

日本に来る外国人観光客が増えている今、海外の人々と接する機会も多くなり「英語を話せたらなあ…!」と留学にチャレンジする人がどんどん増えています。留学を決めた時にまず悩むのが留学先の国選び。

欧米から東南アジアまで、さまざまなオプションがありますが、その国によって文化や暮らしやすさも変わってきます。今回は主要の留学先を国別に分け、その魅力について紹介していきますので留学先に悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

各国の魅力について

アメリカ

国の特徴
留学先としても憧れの国トップのアメリカは、世界屈指の先進国でありファッションや音楽、エンターテイメントなどカルチャー的な面でも最先端の国です。もちろん教育においても、ハーバード大学など世界最高水準の教育機関が多く存在します。

温かく温暖な気候で人々もゆったりなロサンゼルスがある西海岸エリアと、大都会で刺激的な街ニューヨークのある東海岸エリアまで、英語だけでなく芸術や経済、文化など色んな刺激を受けられる国がアメリカです。

メリット
アメリカ留学の大きなメリットは、学校の選択肢が多いことです。教育機関が多く存在するアメリカでは、短期で英語を学べる語学学校や、音楽やアートなどの専門的な科目を英語で学べる学校や大学など選択肢が豊富に揃っています。

英語だけでなく、他のことも学びたい…と考えている人にはアメリカはピッタリの留学先です。先進国アメリカでの留学は就職の際にも大きな武器になるでしょう。

デメリット
他の国に比べてアメリカの学費は非常に高いことで有名です。また、家賃や物価も高いことから生活コストも他の国よりかかります。アメリカにはワーキングホリデーなどの勉強と仕事が両立出来るビザがないため、留学する際には事前に十分な資金が必要になります。

また、アメリカはさまざまな人種が多く、銃社会なこともあり他の国に比べると治安の面で不安があります。安全なエリアを事前に把握しておき、特に女性は夜に1人で出歩かないなど常に注意するようにしましょう。

留学はこんな人におすすめ

先ほど説明したようにアメリカ留学は、さまざまな教育機関が用意されているため、芸術や経済など英語以外にも学びたいことがある人や先進国で英語が学びたい人におすすめです。スタンダードな英語が学べる上にアメリカの文化に興味がある方は価値のある留学ができるでしょう。

人気のエリア

イギリス

国の特徴
ヨーロッパに位置する島国のイギリスは経済や文化の最先端の国でもあり、歴史ある街並みと現代のモダンな雰囲気が融合した魅力的な国です。芸術や音楽、エンターテイメント文化が発展しており、街にはいたるところに美術館や博物館がみられます。観光地としても人気の高いイギリスはアメリカと並び、憧れの留学先として選ばれています。

メリット
イギリス留学の大きな魅力の1つが、他のヨーロッパ諸国へ簡単に旅行できるところではないでしょうか。ドイツやフランス、イタリアやスペインなど一度は訪れたいヨーロッパの国々へ格安で旅行することができ、勉強しながらヨーロッパの文化に触れられるとてもいい機会です。

また、イギリスは留学制度やビザの取得にも厳しい条件を定めているため、比較的日本人の留学生が少なく英語の勉強に集中できるでしょう。

デメリット
イギリスはヨーロッパの中でも物価の高い国で有名です。食費や交通費も高いため、イギリスでの月の生活費は20万円以上かかることもザラではありません。学生だとここに学費もかかってきます。

とくに都心部で生活しようと思えばさらに生活コストはかかりますので、現地で働く予定がないのであれば、留学前に十分な資金を用意することが必要です。

留学はこんな人におすすめ

ヨーロッパに位置するイギリスは、留学中もさまざまな国に格安で旅行できることから、ヨーロッパの文化に興味がある方には最適の留学先です。イギリスも世界きっての先進国なので、イギリスの芸術や文化に触れながら英語を学びたい方におすすめです。

人気のエリア

  • ロンドン
  • マンチェスター
  • ブライトン
  • ブリストル
  • オックスフォード
  • リヴァプール

カナダ

国の特徴
壮大な自然が力のカナダは「世界で最も住みやすい都市ランキング」でも、常に上位にランクインするバンクーバー、トロント、カルガリーの3都市が揃っている国です。北海道とほぼ同じ緯度に位置するカナダ、春は桜の花に秋は赤や黄色に色づくメープルなど日本と同じように四季が楽しめます。

カナダは“移民の国”と呼ばれるほど移民の数が多く、それぞれの文化を尊重しあい生活しているので留学生でも住みやすいと日本人からも人気No.1の留学先です。

メリット
カナダは住みやすい国ランキングの上位に毎年ランクインしているほど、世界でも治安の良い国です。日本人留学生も多く、留学制度も充実しているため現地に日本のエージェントが沢山あり初めての留学でも安心して生活できます。

また、カナダはイギリス連邦加盟国の1つなのでイギリス英語がベースではありますが発音はアメリカよりなので、日本人でも聞きやすく話しやすいキレイな英語を身に着けることが出来ます。

自然豊かなカナダはウインタースポーツやさまざまなアクティビティが豊富なので現地の生活も楽しみながら英語を習得できるところの大きな魅力の1つです。

デメリット
カナダは北に位置しているため、冬はとっても寒いです!西側のバンクーバーは雪が降ることは滅多にありませんが、冬の時期は毎日のように雨が降るので気が滅入ってしまう留学生も…。東側のトロントは冬になると雪が沢山降るので防寒対策や風邪予防は必須です!

また、日本人に人気のある留学先なこともあり現地には多くの日本人がいます。困った時には助けあえますが、留学が始まるとついつい安心できる日本人同士で固まってしまいがちです。英語を学ぶという本来の目的を思い出し英語を話せる環境をつくっていきましょう。

留学はこんな人におすすめ

日本人から人気の留学先ということもあり現地でのサポートが充実しているカナダは、初めての留学で不安がある人、生活に不便なく留学したい人にはぴったりの留学先です。

治安もよく、生活環境も整っているので安心して留学できるでしょう。英語に関してもカナダは強いアクセントがないため、キレイな英語が学びたい人にもおすすめです。自然が豊かなカナダはアクティビティやウインタースポーツが好きな人には楽しんで留学できると思います。

人気のエリア

オーストラリア

国の特徴
豊かな自然に美しいビーチ、珍しい動物に陽気な人々。旅行先としても人気のあるオーストラリアはカナダと並び人気の留学先です。広大な島国は、南半球に位置することもあり日本とは逆の季節になります。ゆったりとした雰囲気が流れていますが、教育水準や生活水準が高く、住みやすい国としても常に上位にランクインしています。

メリット
オーストラリアは、温かく温暖な気候で豊かな自然と大都市が上手く融合した住みやすい国です。治安もよく、生活水準も高いためストレスなく安心して留学生活を送ることが出来ます。

また、オーストラリアは留学生が多いことから、留学サポートが手厚い国としても有名です。留学生にオーストラリア人と同等の教育を提供することを保証する法律や、留学生を受け入れる教育機関に対して政府への登録を義務づける制度を国が定めているため、安心して留学することができます。

デメリット
英語を学ぶ方なら聞いたことがある「オージーイングリッシュ」はAの発音が「ア」になったり、オーストラリア人独特の単語の言い回しがあるので、ビジネス英語を身に着けたい!キレイな英語を身に着けたい!という方は少し困ってしまうこともあるかもしれません。

また、オーストラリアは世界の中でも物価の高い国になります。その分、時給も高いのでワーキングホリデーなど働きながらの留学であれば問題はありませんが、勉強一本にしぼっての留学の場合は、留学前に十分な費用を貯めておく必要があります。

留学はこんな人におすすめ

自然豊かで生活水準の高いオーストラリアは、ビーチ好き、自然に囲まれた場所で留学したい人に最適の国です。太陽をいっぱい浴びながら元気にのびのび英語が勉強できるでしょう。また、留学サポートも充実しているオーストラリアは初めて留学する人でも安心して生活できる留学先です。

人気のエリア

ニュージーランド

国の特徴
ヒツジの数が人の数よりも多い!と言われるニュージーランド。国の半分以上が牧草地で、自然豊かなニュージーランドはイギリスの植民地時代だったヨーロッパの面影を残しつつ現地の文化も融合した他の国とはまた違った雰囲気が流れる場所です。ゆったりとした時間が流れ、スローライフな生活を送りながら英語が学べます。

メリット
ニュージーランドの都市、オークランドは「世界でも住みやすい都市」の上位に毎年ランクインするほど、治安もよく住みやすい場所です。危険な場所や大都会特有の危険な誘惑もなく、高校生などの留学先としても人気があります。また、他の国に比べて日本人が少ないので、日本人同士で固まることもなく純粋に英語だけの生活を送ることが可能です。

デメリット
広大な牧草地に豊かな自然。唯一の都会であるオークランドも他の国の都心部と比べると遥かに小さく、娯楽もあまり無いため都会で育った人には少し物足りなく感じてしまうことも…。スローライフでゆったり英語が学びたい方にはおすすめです!

留学はこんな人におすすめ

自然豊かでゆったりとした雰囲気が流れるニュージーランドでは、自然に囲まれた場所でのびのび英語が学びたい人にはぴったりの国です。

他の留学先で人気の大都会とは違い、忙しくごみごみした雰囲気ないのでスローライフを楽しみながらゆったりと英語が学べます。

人気のエリア

フィリピン

国の特徴
フィリピンは東南アジアに位置する大小の島々が集まった国になります。一年を通して温暖な気候で、豊かな自然と美しいビーチリゾートが人気の国です。

フィリピンは日本からも近く公用語が英語のため、近年人気が高まってきている留学先です。安い費用で留学できるので、欧米への留学前にプレ留学としてフィリピン留学を選ぶ人も多いようです。

メリット
日本に比べると物価がとても安いフィリピンでは生活コストがかからないことや語学学校の費用もリーズナブルなため、費用を確実におさえて留学することが可能です。

留学先では珍しい、食事込みの寮などを完備している学校も多いので生活にも困らず安い費用で英語の勉強が可能です。

フィリピン留学ではマンツーマンでレッスンすることが多く、特にスピーキングに力を入れている学校が多いです。そのため会話力を伸ばすことができ、欧米に留学する前に日常英会話を習得する目的でフィリピン留学を選ぶ方も多いです。

デメリット
フィリピンは発展途上国なため、エリアによっては水や電気が止まってしまうなど、生活に不便な点が出てくることもあります。生活環境も日本とは異なるため、最初のうちはとまどうこともありますが慣れてしまえば問題ありません。

留学はこんな人におすすめ

フィリピン留学は他の国に比べて格安で英語が学べるため、費用をおさえて留学したい人にはぴったりの留学先です!安い費用ですが、マンツーマンのレッスンに力をいれているためスピーキングを伸ばしたい人にもおすすめ。

また、フィリピンは自然豊かなので英語を勉強しながらもバカンス気分が味わえ、現地でのアクティビティやビーチが好きな方は楽しく英語が学べるでしょう。

人気のエリア

目的に応じって国選びは変わってきます

留学先の国々によって文化や特徴が変わってきます。費用や、使っている英語、生活の質など自分の目的に応じてしっかりと留学先を選ぶようにしましょう。

自分1人で選ぶのが難しい場合は、留学先の知識が豊富な留学エージェンシーでカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。現地のリアルの情報をくれるので、より留学先も選びやすくなると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本人に人気の留学先をご紹介しましたが、どの国も文化や生活スタイルが異なり、貴重な経験になることは間違いありません。

自分の理想の留学生活をイメージし目的をしっかり定め、それに合った留学先を選びましょう。留学は事前のリサーチも大事な過程の1つです。その国の特徴をしっかりと把握し価値のある留学が出来るように準備しましょうね!

▶留学して自分を変えたい!成功例から学ぶ3つのこと

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

ワーホリ・仕事カテゴリの最新記事