英語で学べるドイツの大学と、入学に必要な英語力

英語で学べるドイツの大学と、入学に必要な英語力

ドイツの大学はレベルが高くて、しかも学費無料ってホント?

しかも、英語で学べる大学もあるらしい!

ドイツの大学は学術レベルが高く、学費は一部の例外を除いて留学生も無料です。
「魅力的だけど、ドイツ語ができない・・・。」
でも、英語だけで学べる課程もあるんです。「アメリカの大学を考えていたけど、予算が高くて難しい」「アジアは安いけど、できれば欧米圏へ留学したい・・・」

そんな方へ、英語で学べるドイツの大学と、入学に必要な英語力を紹介します。

▼大学進学カウンセリング(オンライン可)を受け付けております。大学選び、国選びからお気軽にご相談ください!
とりあえず無料カウンセリングを受けておく

ドイツ大学正規留学関連の記事一覧はこちらをクリック!大学ランキング、費用、探し方、エージェントを選ぶコツまで。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

ドイツ留学3つの魅力

ドイツの大学の魅力には、大きく以下の3つがあります。

・なんといっても学術レベルが高い
・費用を抑えられる
・英語で学べる大学があり、他の英語圏の大学と並行して検討可能

コスパ良く学ぶことができ、しかも英語オンリーで留学もできるため、他の英語圏の大学と並行して入学準備ができます。

学術レベルについては、Times Higher Educationによる「2022年世界大学ランキング」において、200位までの大学のうち、ドイツからは実に1割以上の22大学が掲載されています(日本は東京大学と京都大学の2校)。

費用は、国立の大学は留学生でも学費が無料、生活費も日本と同じか、工夫すればやや低い費用に抑えられます。目安は「年間160万円~180万円」です。

費用の内訳など詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>ドイツ大学正規留学の特徴・メリット、ランキング、入学条件、注意点まで徹底解説

そして、英語で学べる課程があるので、これまで英語圏への留学しか検討していない人でも、いまからでも、選択肢に加えることができます。

英語で学べるドイツの大学3選

実際に、英語で学べるドイツの代表的な大学・バチェラー(学部)を3つ紹介します。大学名の後の()は、Times Higher Educationによるランキングを表します。

このほかにも、170を越えるバチェラーが英語で受講可能です。詳しくはカウンセラーにお問合せください。

▼大学進学カウンセリング(オンライン可)も受け付けております。大学選び、国選びからお気軽にご相談ください!
とりあえず無料カウンセリングを受けておく

▼「海外大学合格保証」ありの留学情報館はこちらから
合格保証の内容を確認する

ミュンヘン工科大学(38位)

ミュンヘン工科大学(Wikipediaより)

ミュンヘン工科大学は1868年創立、ノーベル賞受賞者を19人輩出するドイツトップクラスの大学で、ドイツ大学教育研究所(CHE)による経営学ランキングでは、学習状況、自由な学習の可能性、国際性、研究費用の4部門においてドイツ国内トップに選ばれました。

「Management & Technology」「Games Engineering」など複数のバチェラーが英語で提供されています。

ベルリン自由大学(83位)

ベルリン自由大学(Wikipediaより)

ベルリン自由大学は、ドイツの国立総合大学です。ベルリン自由大学、。フンボルト大学、ベルリン工科大学、シャリテー医科大学と、ベルリン大学連合を形成しています。その4校の中でも、最も規模が大きい大学です。国際ランキングでも常に高い評価を得ています。「Arts」のバチェラーを英語で提供しています。

カールスルーエ工科大学(180位)

カールスルーエ工科大学(Wikipediaより)

カールスルーエ工科大学は、1825年創立、およそ200年の伝統を誇るドイツ最古、かつ、ドイツで最も評価が高い工業系の大学です。カールスルーエ工科大学の位置するバーデン・ヴュルテンベルク州は、テディベア発祥の地として知られる他、ベンツやポルシェの本社を有する、ドイツ第6の都市シュトゥットガルトがあります。「Science in Mechanical Engineering」が英語で提供されています。

入学に必要な英語力は、ずばり「TOEFL80、IELTS6.0」

ドイツの大学入学に必要な英語力の目安は、ずばり、「TOEFL80, IELTS6.0」です。一般的な英語圏の大学への進学に必要な英語力の基準とほぼ変わりません。従って、既に英語圏の大学準備を始めている学生さんは、並行して出願を検討することができます。

正確な基準は、各大学によって異なり、さらに高いレベルを求められる大学もあります。各大学へ問い合わせるか、弊社、カウンセラーへご相談ください。お調べすることが可能です。また、出願には英語力を証明する証明書の提出が必要となります。

その他の入学条件

ドイツの大学入学には、大学入学申請資格(Hochschulzugangsberechtigung (HZB) やHochschulreifeなどと呼ばれます)という「学歴上の条件」が求められます。

日本人の場合、高校を卒業しただけではこれに該当しませんので注意が必要です。以下の項目が、ドイツの大学の主な出願条件になります。

主な入学条件。高校卒業+αが必要

・数学、理科(1科目)、外国語(1科目)、国語を履修して卒業しいていること
・センター試験または共通テストで62%以上の成績を修めていること(どの科目が必要かは大学・課程による)
・高校の卒業証明書と成績証明書、センター試験(または共通テスト)の成績証明書をすべて英文(学校によっては独文)で提出すること
・語学力(ドイツ語または英語)を証明できること

参考:「大学入学条件」DAAD(ドイツ学術交流会)

また、日本の大学で1年以上の課程を修了した人、短大や四年制大学を卒業した人も入学申請資格を持ちます。その時は取得単位数や、関連のある学科へ進学することなどが条件となります。

*入学申請資格は、必ず出願する大学に確認してください。

ドイツ語の勉強は必要か?「必要です」

英語で学べる大学があることはわかりました。しかしながら、ドイツは純粋な英語圏ではありません。ドイツで生活する以上、ドイツ語も学ばなければならないのでしょうか?

EF EPI 2022 – EF 英語能力指数によると、ドイツは英語力ランキングで世界10位、ヨーロッパの中では35か国中9位です。英語はかなり通用する国です。

しかし、「ドイツ語の勉強は必要か?」の答えは、「ドイツ語は学んだ方が絶対に良い」です。

たしかに大学では、英語力が十分であれば授業は受けられます。しかし、日常生活ではドイツ語に囲まれて生活します。町の看板や、スーパーの商品名、駅の表示など原則すべてドイツ語で書かれています。少数ですが、英語が通じない人もいます。生活できないとは言いませんが、まったくわからない状態だと、不便を感じることも多いでしょう。

それに、あいさつ程度はできた方が、ドイツでのコミュニケーション全般が円滑に進むことは間違いありません。

まずは、大学入学条件の英語力をクリアする。次に、日常会話、あいさつからでも、少しずつドイツ語を勉強していきましょう。

まとめ

・ドイツ留学3つの魅力
・英語で学べるドイツの大学3選
・入学に必要な英語力

を解説してきました。すでに英語圏への大学進学を考えている方は、その延長線上でドイツの大学を視野に入れられることが分かったと思います。

英語で学べるドイツの大学を一部紹介しましたが、まだまだたくさんの選択肢があります。あなたの学びたいバチェラーがドイツにあるかどうか?気になる方はぜひ、カウンセラーに相談してみてください。

▼大学進学カウンセリング(オンライン可)を受け付けております。大学選び、国選びからお気軽にご相談ください!
とりあえず無料カウンセリングを受けておく

ドイツ大学正規留学関連の記事一覧はこちらをクリック!大学ランキング、費用、探し方、エージェントを選ぶコツまで。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

大学・大学院留学カテゴリの最新記事