【2023年世界大学ランキング】日本人が入学しやすい海外の超名門大学3選

【2023年世界大学ランキング】日本人が入学しやすい海外の超名門大学3選
uclaアイキャッチ

ニア大学進学に精通したカウンセラー「日本人でも入りやすいハイレベルな海外の大学ってないかな?」「海外大学に行くと学歴ロンダもできちゃうって聞いたことあるけど本当かな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます!

日本人が入りやすいハイレベルな海外の大学にもし入学できたら、自分の夢にかなり大きく近づくという方もいらっしゃるのではないでしょうか

そこで、本記事では日本人が入学しやすいハイレベルな海外の大学を超厳選してランキング形式でシェアしていきます。なおQS世界大学ランキング・入学時に必要な英語力・GPA(高校等の成績)の3つの観点からランキングを決定しています。

QS世界大学ランキングとは・・・世界的な高等教育評価機関である QS Quacquarelli Symondsが発表している、世界で最も信頼性の高いと称される世界大学ランキングです。

その超厳選したハイレベルな海外の大学は以下の3校です。

  • カリフォルニア大学(アメリカ)
  • アデレード大学(オーストラリア)
  • マンチェスター大学(イギリス)

それでは順を追ってシェアしていきます!

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

【日本版】QS世界大学ランキングトップ10

まず、比較しやすいように、日本の大学をシェアしておきます!
日本のランクインしている大学トップ10は以下の通りです。

東京大学:23位
京都大学:36位
東京工業大学:55位
大阪大学:68位
東北大学:79位
名古屋大学:112位
九州大学:135位
北海道大学:141位
慶應義塾大学:197位
早稲田大学:205位

引用:QS世界大学ランキング公式HP(以下、ランキングの引用はここから)

▼留学の1歩目は無料カウンセリングから
とりあえず無料カウンセリングを受けておく

【2023年最新版】アメリカ大学ランキングTOP50

次にアメリカの大学ランキングTOP50についてもご紹介したいと思います。アメリカの大学ランキングは以下の通りです。

 

1 マサチューセッツ工科大学 1位
2 スタンフォード大学 3位
3 ハーバード大学 5位
4 カリフォルニア工科大学 6位
5 シカゴ大学 10位
6 ペンシルベニア大学 13位
7 プリンストン大学 16位
8 イエール大学 18位
9 コーネル大学 20位
11 ジョンズホプキンス大学 24位
12 ミシガン大学 25位
13 カリフォルニア大学バークレー校 27位
14 ニューヨーク大学 39位
15 コロンビア大学 22位
16 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 44位
17 カーネギーメロン大学 52位
18 カリフォルニア大学サンディエゴ校 53位
19 ブラウン大学 63位
20 テキサス大学オースティン校 72位
21 ワシントン大学 80位
22 ウィスコンシン大学マディソン校 83位
23 イリノイ大学アーバナシャンペーン校 85位
24 ジョージア工科大学 88位
25 ペンシルバニア州立大学 93位
26 ライス大学 100位
27 カリフォルニア大学デービス校 102位
28 ノースカロライナ大学チャペルヒヒ校 102位
29 ボストン大学 108位
30 セントルイス・ワシントン大学 118位
31 パデュー大学 129位
32 南カリフォルニア大学 134位
33 オハイオ州立大学 140位
34 ロチェスター大学 147位
35 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 149位
36 エモリー大学 155位
37 ミシガン州立大学 159位
38 テキサスA&M大学 164位
39 メリーランド大学カレッジパーク 164位
40 ケースウエスタンリザーブ大学 176位
41 ピッツバーグ大学 181位
42 ミネソタ大学 185位
43 フロリダ大学 188位
44 ヴァンダービルト大学 199位
45 ダートマス大学 205位
46 アリゾナ州立大学 219位
47 235位
48 ノートルダム大学 243位
49 イェシーバー大学 246位
50 マサチューセッツ大学アマースト校 253位

やはり、アメリカの大学は上位を占める印象が強いですね!

そんなアメリカの大学で、日本人が留学生であっても入れる大学はあるのか、みていきましょう!

【入学しやすい名門大学1位】カリフォルニア大学(アメリカ)

UCLA

日本人が入りやすい大学ランキング第1位はアメリカにあるカリフォルニア大学です。
カリフォルニア大学は、アメリカの公立大学で、いわゆるUCLA(ロサンゼルス校)やUCバークレーと呼ばれる大学が含まれます。アメリカの公立大学では最も評価が高く、出願者数も多い大学です。全米で10万人が受けると言われています。

普通に考えると入学は難しそうですが、以下のポイントを抑えることで、格段に合格率を上げることができます。

  • まず自分に合ったコミュニティカレッジを選んで入学し、そこで良いGPAを取ってカリフォルニア大学へ編入する

コミュカレ入学の目安となる英語力は、IELTS4.5、英検2級。GPAはなんと不問です。この、「コミュニティカレッジに入学後に編入」というスタイルが最も入学しやすい方法になります。

 

QS世界大学ランキング 27位(バークレー校)
目安となる英語力(コミュカレ入学) IELTS4.5 英検2級
目安となるGPA(コミュカレ入学) 不問
順位が近い日本の大学 東京大学:23位
カリフォルニア大学バークレー校:27位
京都大学:36位
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA):44位
カリフォルニア大学サンディエゴ校:53位
東京工業大学:55位
北海道大学:141位
カリフォルニア大学サンタバーバラ校:149位
慶應義塾大学:197位
早稲田大学:205位
カリフォルニア大学アーバイン校:235位

入学の仕方を、実際にコミュカレ編入でロサンゼルス校(UCLA)に入学した学生さんと、動画で詳しく解説しています。

大塚庸平大塚社長

UCバークレーに入学できればあの孫正義さんや、Appleのスティーブ・ウォズニアックさんの後輩になれるね!

カリフォルニア大学へのコミュカレからの編入について、自分でも挑戦できるか詳しく聞きたい方、自分に合ったコミュカレの選び方を聞きたい方、カウンセリングで詳細をお話ししています。奨学金や英語力の上げ方なども、不安な人は一度相談してみてください。相談は無料です。

▼カリフォルニア大学進学に精通したカウンセラーが、あなたの相談に乗ります。
とりあえず無料カウンセリングを受けておく

▼LINEでも気軽に相談できます!
LINEで相談する

▼UCLAへ入学できるチャンスを逃したくない方はこちらもチェック!
3人に1人。落ちこぼれでもUCLA留学を実現する唯一の方法【アメリカ】
コミュニティカレッジの入学方法とおすすめの3校【アメリカ留学】
【知らなきゃ損!】超名門UCバークレーに合格する方法

【入学しやすい名門大学2位】アデレード大学(オーストラリア)

アデレード大学
第2位はオーストラリアにあるアデレード大学です。こちらの大学は、オーストラリアで3番目に歴史が古く留学生を長年受け入れている大学です。

アデレードはオーストラリアの南側に位置し、温暖で過ごしやすく、世界のすみやすい都市ランキング3位を獲得したこともあります。

2021年〜2025年入学生を対象に学費が50%割引になる奨学金もあるようです!*

QS世界大学ランキング 106位
目安となる英語力 IELTS5.5 iBT 50点
目安となるGPA 3.0
順位が近い日本の大学(バークレー校) 東北大学:79位
アデレード大学:106位
名古屋大学:112位
九州大学:135位
北海道大学:141位
慶應義塾大学:197位
大塚庸平大塚社長

アデレード大学は首相経験者やノーベル賞受賞者を何人も輩出している超名門校なのに入学しやすいからかなりチャンスだよね!

▼アデレード大学に限らず、奨学金獲得は情報と対策が9割です。最大1,200万円の返済不要の奨学金を獲得できる場合もあります。海外進学費用に不安がある方はまず、無料カウンセリングへ。
無料カウンセリングで聞いてみる

引用*:[2021〜2025年]アデレード大学から奨学金のお知らせ

【入学しやすい名門大学3位】マンチェスター大学(イギリス)

マンチェスター大学
第3位はイギリスにあるマンチェスター大学です。こちらの大学は、イギリスの中でも超名門校です。

 

QS世界大学ランキング 27位
目安となる英語力(ファウンデーションコース) IELTS5.5 英検2級〜準1級
目安となるGPA(ファウンデーションコース) 3.5
順位が近い日本の大学(バークレー校) 東京大学:23位
マンチェスター大学:27位
京都大学:36位
東京工業大学:55位
大阪大学:68位
東北大学:79位

マンチェスター大学もカリフォルニア大学と同様に、高校などから直接入学するわけではありません。こちらではファウンデーションコースという入学準備のためのコースを経て入学するというスタイルになります。

 

大塚庸平大塚社長

マンチェスター大学はイギリスでも3番目の伝統校だから成績や英語力に自信がある人におすすめだよ!

成績や英語力などがこのランキング内では少し厳しいですが、それでもこのランキングと比較すればという話なので、かなりのチャンスであることには間違いありません。

参考記事
【完全版】ファウンデーションコース(海外大学進学準備コース)とは

世界の大学へ留学するために早めに押さえるべき2つのポイント

今この記事を読んでいる方は、まさに世界の大学へ進学を検討している最中だと思います。
夢は大きく、しかし、現実的な準備は確実に進めなければなりません。日本の大学でも早めに目標を決めて受験対策をするように、海外の大学へ留学する際には、早めに準備しておかなければならないポイントがあります。それは以下の2つです。

英語力
資金

英語力は言わずもがな、入学に必要な英語力、IELTSやiBTなどの基準を満たす必要があります。
資金も大きな課題です。

しかし記事内でもお伝えしたように、日本人でも取得可能な返済不要の奨学金もあります。この二つを計画的に準備し、海外留学の夢を実現させましょう!

まとめ:世界の超名門大学に入学できる機会を生かさないのはもったいない!

ここまで、世界の超名門大学に比較的簡単に入学できる方法を解説してきました。ここまで読んでいる方で、行けるなら絶対に行きたい!と闘志を燃やしている方がほとんどなのではないでしょうか。

この記事を読まれた方はかなりチャンスだと思います。せっかくこの情報を今回知ることができたと思うので、その情報を無駄にしないためにもぜひ次のアクションを確実に起こしてみてください!

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

詳細はこちら>>

大学・大学院留学カテゴリの最新記事